HOME > 駿府博物館 > 展覧会案内 > ファシリティドッグ活動 写真展「小さな勇者としっぽの仲間」

ファシリティドッグ活動 写真展「小さな勇者としっぽの仲間」 終了しました

公開日:2016/06/10

小児がんや重い病気の治療を受ける子どもたちは、大きなストレスを抱えています。そんな彼らに寄り添うファシリティドッグ(しっぽの仲間)は、辛い治療に耐えながら病気と闘う子どもたち(勇者)の心を癒し勇気を与える存在です。しかし、ファシリティドッグはまだ全国で2頭しかいません。

本展は、医療現場におけるファシリティドッグの可能性とこのアイデアを少しでも多くの人たちに広げることを目的に、ファシリティドッグ、看護師経験を持つハンドラー、病気と闘う子どもたちの姿を、日本で初めてファシリティドッグを病院に導入した"ファシリティドッグ発祥の地・静岡"から写真展という形で発信します。

《展示作品》

【写真】
・桐島 ローランド 氏 6点
・澤井 秀夫 氏 34点
・山口 規子氏 5点
・シャイン・オン!キッズ提供写真 44点
・医療スタッフ提供写真 17点
・保護者提供写真 50点
・タイラー基金・小学館提供写真 3点

【映像】
・シャイン・オン!キッズ提供映像 1点
・TEDxShimizu実行委員会提供映像
 森田優子&ベイリー「入院生活をもっと楽しく-しっぽの生えた仲間の力」 1点

【その他】
・福井 利佐 氏制作 本展タイトル&ロゴ(切り絵) 2点
・院内の子どもたちが創作した作品(写真:12点、作文:4点、絵画:19点)
・シャイン・オン!キッズ活動紹介パネル 3点

《展覧会チラシ》 

チラシ_表(A4).pdf
チラシ_裏(A4).pdf


【開催期間】
2016/07/02~2016/09/04
【開催時間】
午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
【休館日】
月曜日(※7月18日は祝日「海の日」ですが休館します)
【観覧料】
高校生以上300円
中学生以下・障害者手帳ご提示の方は無料
【主催・協力・後援など】
主催:駿府博物館(公益財団法人静岡新聞・静岡放送文化福祉事業団)
特別協力:認定 特定非営利活動法人シャイン・オン・キッズ
協力:静岡県立こども病院、神奈川県立こども医療センター、小学館、静岡文化芸術大学、TEDxShimizu 実行委員会、福井利佐(切り絵アーティスト)、桐島ローランド、カラーズインターナショナル
後援:静岡県、静岡県教育委員会、静岡市教育委員会、静岡新聞社・静岡放送
★当プロジェクトはクラウドファンディング「Share your heart」が支援しています
【関連企画】
「もっとファシリティドッグを知ろう!」(事前申込・先着順)【終了しました】

■開催日時
7月18日(月・祝「海の日」)
※休館日に開催します。一般のお客様は入館できません。

■募集人数
午前の部(11:00~12:00)、午後の部(14:00~15:00)各30名

■会場
駿府博物館展示室

■参 加 費
無料

■内容
ハンドラーとファシリティドッグが来館し、ファシリティドッグの仕事や役割などを紹介するトークイベントです。


《備 考》
・参加いただく方には7月3日(日)までに、お申し込みいただいたお客様のメールアドレスへ、イベントのご案内・注意事項の書面(pdfデータ)をお送りいたします。PCやスマホなどpdfデータが受け取れる環境からメールをお送りください。

・お申し込みいただいた住所、氏名、電話番号などの個人情報は、当イベント目的のみ使用させていただきます。イベント終了後、個人情報は消去いたします。

以上、ご理解の上、当イベントへの参加をお申し込みください。宜しくお願いいたします。