HOME > 駿府博物館 > 展覧会案内 > 福井利佐 切り絵展 絢爛「能」

福井利佐 切り絵展 絢爛「能」

公開日:2019/04/02

強く、美しい。繊細な"福井利佐の世界"
福井利佐(ふくい りさ)は静岡市駿河区出身の、今最も注目を集める切り絵
アーティストです。伝統的な切り絵技法を使って、人の顔や動物の姿をこれま
でにないドラマチックな構図と細密なライン、奥深い陰影で表現する、独自の
世界を築きました。
駿府博物館 企画展「切り絵を魅せる~福井利佐の世界」から7年。本展では、
「能」に魅了された福井が、宝生流家元主催の「和の会」との縁により10年に
渡って手がけた、「能」に関する作品を中心に展示します。また、徳川家康公
顕彰四百年祭の際に制作した【駿河国と家康公】を特別に展示します。

※会期中展示替えを行います。
前期:5月4日〈土〉-6月9日〈日〉/後期:6月11日〈火〉-7月7日〈日〉


【開催期間】
2019/05/04~2019/07/07
【開催時間】
午前10時00分~午後5時30分(入館は午後5時まで)
【会 場】
駿府博物館(静岡市駿河区登呂3-1-1 静岡 新聞放送会館別館2階)
【休館日】
月曜日(祝日の場合は開館し、翌日休館)、6月10日(月)展示替え
【観覧料】
高校生以上800円、中学生以下・障害者手帳ご提示の方は無料
【主催・協力・後援など】
【主催予定】駿府博物館(公益財団法人静岡新聞・静岡放送文化福祉事業団)、静岡新聞社・静岡放送
【後援予定】静岡県教育委員会、静岡市教育委員会
【概 要】
■福井利佐プロフィール
切り絵アーティスト。1975年静岡県出身。東京在住。静謐な観察による描写のきめ細やかさと大胆な構図で、観る物を圧倒させるような生命力のある線の世界を描き出す。Reebokとのコラボレーションスニーカーや、アーティスト中島美嘉のジャケット・ステージ装飾、手塚治虫×福井利佐by UNIQULOでのTシャツデザイン、桐野夏生氏の小説への挿画や書籍の装丁画など、多方面で活躍中。最近の仕事として、雑誌「婦人画報」表紙への切り絵での参加や、宝生流和の会のメインビジュアル制作、NHK短編小説集「グッド・バイ」の映像制作、NHK BS「猫のしっぽカエルの手」オープニングタイトル制作などがある。
【関連企画】
会期中、福井利佐氏ご本人によるイベントを予定しております。
参加費や事前お申込みの必要等、情報は随時当ページで更新いたします。

①特別ギャラリートーク 5月25日(土)午後2時30分
②切り絵ワークショップ 6月16日(日)午後2時00分(2時間半程度を予定)
【関連リンク】
RISA FUKUI 福井利佐
http://www.risafukui.jp/