HOME > 駿府博物館 > 展覧会のご案内 > 企画展「禅 ダルマさんが並んだ」

企画展「禅 ダルマさんが並んだ」

公開日:2022/09/16

中国禅宗の祖師・達磨大師。

ジョブズも漱石も、そして諭吉も惹かれた禅。駿府博物館の所蔵品などからその禅に関するコレクションを選び、禅の世界を紹介する企画です。
禅語の書に関しても解説をなるべく簡潔丁寧に加えています。難しい(堅い)内容をわかりやすく、易しく、気軽に見てもらえるような展示としています。
なお、有料入館者にはダルマの消しゴムをプレゼント‼


ダルマさんが並んだ
ダルマのモデルは、中国禅宗の祖師であるインド人仏教僧である達磨大師とされています。古くから多くの絵の題材となっています。そのダルマを一堂に集めました。

禅語の心
禅の言葉は難解と思われがちですが、日本人の生活に根差した教えや心がいっぱい。禅語の書からその根底にある教えを見てみましょう。

月のある風景
禅語などでよく心理や仏性のたとえとして引用されることが多い月。絵画と併せて夜空に皓皓と輝く月を観賞します。

禅語の書
禅の言葉は難解と思われがちですが、日本人の生活に根差した教えや心がいっぱい。あなたはこれらの書の意味、いくつわかりますか?

駿河には、すぎたるものがふたつあり、冨士のお山に原の白隠
白隠禅師は、原(現沼津市)に生まれました。臨済宗中興の祖と言われ、「五百年に一度の大徳の士」と称されるほどの日本仏教史上では、偉大なる禅師です。


【開催期間】
2023/01/07~2023/03/05
【開催時間】
午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
【会 場】
駿府博物館
静岡市駿河区登呂3-1-1 静岡 放送会館別館2階
【休館日】
月曜日(祝日の場合は開館し、翌日休館)
【観覧料】
高校生以上500円(中学生以下、障害者手帳提示の方は無料)
【主催・協力・後援など】
【主催】駿府博物館(公益財団法人静岡新聞・静岡放送文化福祉事業団)
【後援】静岡新聞社・静岡放送
【協力】臨済宗妙心寺派 高林寺(静岡市駿河区手越)
【関連企画】
山﨑慈耕・高林寺(臨済禅宗)住職による作品解説と禅についてのお話
2023年1月21日(ど)午後2時から
予約は必要ありません・要入館料