HOME > 駿府博物館 > 展覧会案内 > 上橋菜穂子と<精霊の守り人>展

上橋菜穂子と<精霊の守り人>展 終了しました

公開日:2016/08/10

異世界を舞台に繰り広げられる、比類なき物語
稀代の作家・上橋菜穂子の世界がここに!


 2014年に、児童文学における最高の賞である国際アンデルセン賞作家賞を受賞した上橋菜穂子。1989年に作家デビューした上橋は、『精霊の守り人』『獣の奏者』『鹿の王』などさまざまなベストセラーを発表し続けています。異なる価値観や文化を持つ人々がともに生きる姿を鮮やかかつ壮大に描きあげる作品は、海外でも高い評価を得ており、世界中の老若男女に愛されています。
 本展は、代表作である〈精霊の守り人〉シリーズを中心とした上橋菜穂子の作品世界の魅力に迫る、初の大規模な展覧会です。シリーズ関連資料や文化人類学の研究資料、TVドラマやアニメの関連資料、漫画化された作品の展示など、見どころ満載。ファンタジーや児童文学の枠をはるかに超えた比類のない「本物の物語」の面白さを、ぜひご堪能ください。




【開催期間】
2016/09/24~2016/11/20
【開催時間】
午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
【休館日】
月曜日(※ただし10月10日は開館し、翌日11日休館)
【観覧料】
高校生以上 800円
中学生以下・障害者手帳ご提示の方は無料
【主催・協力・後援など】
主  催=駿府博物館(公益財団法人静岡新聞・静岡放送文化福祉事業団)
後  援=静岡新聞社・静岡放送、静岡市教育委員会
協  力=偕成社、新潮社、理論社、講談社、KADOKAWA、筑摩書房、香蘭女学校、日本国際児童図書評議会
企画協力=NHKエンタープライズ
企画制作=NHKサービスセンター、世田谷文学館
【概 要】




上橋菜穂子 うえはし・なほこ
(作家/川村学園女子大学特任教授)


1962年、東京都生まれ。オーストラリアの先住民アボリジニを研究。89年、『精霊の木』で作家デビュー。野間児童文芸新人賞、産経児童出版文化賞ニッポン放送賞、米国図書館協会バチェルダー賞などを受賞した『精霊の守り人』をはじめ、『狐笛のかなた』『獣の奏者』など著書多数。2014年に国際アンデルセン賞作家賞、翌年『鹿の王』で本屋大賞を受賞。16年春より、〈守り人〉シリーズがNHK放送90年大河ファンタジーとしてドラマ化された(主演:綾瀬はるか)。




【関連企画】

【イベント告知】9/24「上橋菜穂子交流会in静岡」を開催!(※終了しました)

「上橋菜穂子と〈精霊の守り人〉展」初日の9月24日(土)夕方、上橋菜穂子先生が本展関連イベントにご出演されます!

上橋先生は、現在、公私ともにご多忙を極め、遠出することも非常に難しい状況です。しかし、駿府博物館での展覧会を盛り上げるため、静岡に来ることができるよう、最終調整していただきました!

あこがれの上橋先生に会える滅多にないチャンスです!ファンの皆さま、ご期待ください!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

「上橋菜穂子交流会in静岡」【有料催事】

■開催日時 9月24日(土)17:00~18:00(終了予定)

■参加人数 100名

■会  場 静岡新聞SBS本社ビル4階会議室(静岡市登呂3-1-1)

■参 加 費 中学生以上500円(税込)
      ※同日(9/24)14:00から駿府博物館受付(2階)において参加券を販売いたします。
      ※参加券はなくなり次第販売を終了いたします。
      ※小学生以下は無料。受付で学校名、学年等を記載し、その後、参加券をお渡しします。

■内  容 本展について上橋先生による展示解説やお楽しみ抽選会を予定しています。

■備  考 ・イベント会場(静岡新聞SBS本社4階会議室)の開場は16:30です。
      ・入口で参加券をご提示ください(参加券の提示がないと入場できません)。
      ・席は自由です。
      ・参加券で駿府博物館展示室に入ることはできません。別途入館料(800円)が必要です。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


《おことわり》
上橋先生のイベント出演につきまして、ご本人よりご快諾いただいておりますが、これまで当ホームページでお知らせしてきました通り、現在、先生のご家族が闘病中のため、当日(9/24)、突然キャンセル(イベント中止)となる可能性がありますことをご了承いただき、上橋先生にお会いできることを楽しみにお待ちください。


《注意事項》
・プレ告知と若干イベント概要(受付方法や料金など)が変更しておりますが、ご了承のほど宜しくお願いいたします。
・イベント開催の有無および本件については、当HPにてお知らせいたしますので、随時ご確認のほど宜しくお願いいたします。(facebooktwitterでも、当HPの更新をお知らせいたします。)


【関連リンク】
NHKサービスセンター イベント情報
http://www.nhk-sc.or.jp/event/contents/seirei_no_moribito_shizuoka.html